ボランティアとは?

ボランティアとは?これからはじめるあなたへ

「ボランティア」の語源は、ラテン語のVOLUNTAS。自らすすんで活動するという意味があります。
ボランティアは、個人の自発性に基づくものであり、他人から強制されるものでありません。大切なのは、「自ら考え、実践する」ことです。しかし、当然ですが「自分さえよければいい!」では困ります。他人を尊重し、互いに支え合い、学び合いながら、自分と他人の「思い」を重ね合う共感の姿勢が必要です。
ボランティア活動は、「楽しさやぬくもり」を感じたり「生きる意味」を見出したり、日常生活では経験できない「出会い」や「学び」があります。
自分がやりたいこと、やれそうな活動から始め、自分に合った活動を探してみませんか。さあ、はじめの一歩を踏み出しましょう。

活動にあたって

活動をすすめるにあたって、基本となるルールがあります。活動前や活動中そして活動後に、心の中で思い出してみてください。

約束は守る 活動をしていく上で時間やルールなど様々な約束があります。良い活動は約束を守ることから始まります。
プライバシーを守る 個人のプライバシーを守ることはお互いの信頼関係のためにも大切です。
対等な関係を築けるようにこころがける ボランティアは「してあげる」「してもらう」ではなく、する側・受ける側の双方が対等な関係です。
できること・できないことをはっきりする ボランティア活動を長く続けるためにも無理な活動はしないこと。無理なことははっきりと伝えましょう。
相手のニーズに合わせて活動する相手はどのような手助けを望んでいるのか確認しながら活動してください。
相手のニーズに合わせて活動する 相手はどのような手助けを望んでいるのか確認しながら活動してください。
安全には気を付ける 怪我をしたりさせないように気を付けましょう。万が一の事故のために、ボランティア保険への加入をおすすめします。

登録からボランティア活動までの流れ